事業概要

 当公社は,農業経営の拡大と安定を図り,本県農業・農村の健全な発展に寄与していくことを目的として設立された公益法人です。
平成24年3月,社団法人宮城県農業公社(農地保有合理化事業やほ場整備における農地の集積、暗渠排水、優良肉用子牛供給等業務),社団法人みやぎ原種苗センター(主要農作物種子の需給調整、いちご親株供給等業務),財団法人みやぎ農業担い手基金(就農者確保に向けた支援業務)の3団体を合併,それぞれのノウハウを活かした総合的な運営を図り、迅速にワンストップで対応する体制を整えました。平成25年4月には,公益社団法人移行の認可を受け,社団法人宮城県農業公社は「公益社団法人みやぎ農業振興公社」として名称も新たに生まれ変わりました。

< 主な事業 >
担い手の育成,経営規模の拡大(農地中間管理事業含む),地域営農システム構築支援
復興支援,農業農村整備,畜産経営基盤整備,優良肉用牛資源(子牛)供給
優良種子・種苗の生産供給

農業振興公社の基本理念

公益社団法人みやぎ農業振興公社は,公益法人として地域社会の発展に寄与するという使命のもと,

 “ご相談ください!みやぎ農業振興公社”

を合い言葉に,お客様が利用しやすいワンストップ型の対応で,迅速かつ質の高いサービスを積極・果敢に提供し,宮城の農業・農村の発展と農村環境の保全に貢献してまいります。

農業振興公社のモットー

【お客様の信頼と満足】

公社は「農業・農村の相談窓口」として,お客様から信頼され,ご満足いただけるよう,質の高い技術やサービスの迅速な提供に努めます。

【法令等の遵守】

公社並びに公社職員は,関係法令を遵守するとともに,社会の倫理や良識に従った事業活動に努めます。

【安心・安全な業務推進】

公社の業務推進に当たっては,お客様が安心して公社を活用できるよう,日々技術やサービスの向上に研鑽・努力し,品質の確保及び安全の確保に努めます。

【健康で明るい職場】

公社職員は,コミュニケーションを大切にし,活気のある健康で明るい職場づくりに努めます。

【情報の発信】

公社は,お客様に対し積極的に経営内容を開示するとともに,公社の持っている情報,公社が取り組む事業の魅力などを積極的な発信に努めます。

農業振興公社の組織図

soshikizu

農業振興公社の沿革

histry

農業振興公社の所在地

 

農業振興公社の所在地