農家の需要に応える主要農作物種子,園芸作物種子を供給します!

原種苗部では,農家からの需要に迅速に対応できる主要農作物及び園芸作物の優良種子・種苗の生産供給体制を確立し,品質及び生産性の優れた原種苗の供給を行っています。このことにより,商品性の高い農作物の生産を促進し,農家経済の安定性向上と多彩な生産構造への転換を誘導して,本県農業の健全な発展に寄与しています。

農産班

宮城県との契約により,稲・麦類・大豆の原種・原原種生産作業業務を受託し,生産された原種を指定種子生産農協に配布し,安定生産と確保を図りながら,一般生産農家に優良種子を供給する業務を行っています。

◆ 主要農作物種子の需給調整 ◆

◆ 主要農作物種子の生産供給 ◆

◆ 主要農作物原種・原原種の生産作業業務の受託 ◆

◇ 「優良種子生産の手引き」を改訂いたしました ◇
(編集:宮城県農林水産部,公益社団法人みやぎ農業振興公社,全国農業協同組合連合会宮城県本部)
 優良種子生産の手引き (PDF)

◇ 今年の水稲の生育状況について ◇  icon4neworange
 宮城県農産園芸環境課稲作情報 へリンク(「宮城県稲作情報」をダウンロードしてご覧下さい。)

 

 園芸班

宮城県との契約により,稲・麦類・大豆の原種・原原種生産作業業務を受託し,生産された原種を指定種子生産農協に配布し,安定生産と確保を図りながら,一般生産農家に優良種子を供給する業務を行っています。

◆ 園芸種苗の生産供給及び普及推進 ◆

 
キュウリワクチン接種接木苗(ZYMV)の取扱いについて   icon4neworange
 
 キュウリ栽培では全国的にズッキーニ黄斑モザイク病が問題となっています。宮城県内でも、夏秋栽培や抑制栽培において近年その被害が増加傾向にあります。
 この病害は、ズッキーニ黄斑モザイクウイルス(ZYMV)によるもので、アブラムシによって媒介されます。感染すると、商品価値が劣る奇形果実や急激なしおれ症状(急性萎凋症)が発生することもあり、激しい場合は枯れてしまいます。
 
cucumber1

 最近の研究開発により、ズッキーニ黄斑モザイクウイルス弱毒株(ワクチン: 商品名:“京都微研”キュービオZY-02 (株)微生物化学研究所)を育苗の段階で接種しておくと、被害が大幅に軽減できるようになりました。
 このワクチン接種苗を使用することにより、宮城県内においてもZYMVの被害を軽減する効果が期待されます。
 そこで、このワクチンを接種したキュウリ接木苗の生産・供給を平成28年7月から開始しました。
cucumber2

※苗の取扱いは農協が窓口となりますので最寄の農協にご注文をお願いします。
 
詳しくは、下記ファイルをダウンロードしてご確認下さい。
 
キュウリワクチン接種接木苗(ZYMV)の取扱について (PDF)

 
  
お問い合わせ先

原種苗部農産班・園芸班まで
TEL:0223-24-6231