農業委員会大会 農地集積・集約化推進大会が開催されました

 
 令和元年11月8日,名取市文化会館大ホールにおいて,「宮城県農業委員会大会」「農地集積・集約化推進大会」の二つの大会が開催されました。
 
 農業委員会大会には,市町村農業委員・農地利用最適化推進委員など約800名の関係者が出席し,農業委員の表彰等が行われたほか,東北農政局から人・農地プランの実質化への取り組みについて情報提供等が行われました。
 
 農業委員大会後,みやぎ農業振興公社と宮城県,宮城県農業会議,宮城県農業協同組合中央会,宮城県土地改良事業団体連合会の5者主催による「農地集積・集約化推進大会」を引き続き開催しました。
 
 「農地集積・集約化推進大会」には,東京大学大学院安藤光義教授にご出席いただき,「人・農地プランの実質化による農地の集積・集約化のポイント」をテーマとした基調講演が行われました。安藤教授からは,会場の関係者に対し「県内の状況は多様性に富んでいると思う。自分たちの地域にあった活動を考えて展開してほしい。」と激励の言葉をいただきました。
 
 大会の最後には,今後一層の農地集積・集約化の推進に向け,会場参加者全員による「がんばろう」の唱和を行いました。
 
 

20200117_photo2
20200117_photo1

 
お問い合わせ先

担い手育成部農地集積班まで
TEL:022-275-9192