農業を職業に。農業にチャレンジ!

担い手育成・総務部担い手育成班では,宮城の農業の担い手を確保・育成することを目的として,新規就農者への支援や就農相談を行っています。

また,厚生労働大臣の許可を受け,無料職業紹介事業も行っており,求職登録のある農業法人への求職者の紹介も行っています。

「宮城で農業にチャレンジしたい!」という農業に意欲のある方は是非に公社までお問い合わせ下さい。

農業への道すじ

あなたが始めたい農業のタイプは?
arrow01 ・「農業」にも様々なタイプがあります
農業を始めたい!
arrow02 ・その前にもう一度確認しておきましょう
就農相談・情報収集
arrow03 ・主な相談窓口
定例就農相談会   若年者就農相談会   みやぎ農業見聞のつどい
新農業人フェア
就農予定地の農業改良普及センター,市役所,町村役場,農協,農業委員会
農業体験・基礎知識の収集
arrow04 ニューファーマーズカレッジ(宮城県農業大学校)
あぶくま農学校土の塾(角田市農業振興公社)
丸森町での農業・チャレンジ研修(初級)(丸森町農業創造センター)
チャレンジthe農業体験・研修(全国新規就農相談センター)
※その他 市民農園等の利用
農業経営ビジョンの明確化(就農のイメージを固める)
arrow05 ①どんな作目(水稲,トマト,きゅうり等)または畜産(酪農・肉用牛・養豚・養鶏等)を
②どこで
③どれくらいの規模で(○○ha,○○坪,○○頭)
④どのような方法(施設栽培,露地栽培,有機栽培等)で生産し
⑤生産したものをどのように販売し
⑥いくらの利益をあげていくのかのビジョンをつくってみましょう。
技術の習得
arrow06 宮城県農業大学校や日本農業実践学園等で,農業経営に必要な技術力・経営管理能力・組織活動能力等の専門教育をうける。または,先進農家のもとで,より実践的な栽培技術や経営管理,農村社会等について,1~2年間の研修を行う。
「青年等就農計画」の認定を受け”認定新規就農者”になろう!
arrow07 就農5年後の明確な農業経営の目標が決まり,新たに農業経営を始めることになったら,就農地の市町村に「青年就農計画」の認定申請を行いましょう。
市町村で定める所得目標や労働時間等を達成できる実現可能な計画だと認定されれば,「認定新規就農者」になり,制度資金や新規就農支援施策の対象者となります。

 ※認定新規就農者のメリット
  ・青年等就農資金の無利子貸付
  ・農業次世代人材投資資金(経営開始型)の助成
  ・農業近代化資金等の特例措置
  ・農地中間管理事業への応募
  ・経営所得安定対策への加入
農地,農業機械・施設,住宅等の確保
arrow08 農地の売買や賃貸借には農地法に基づく許可が必要となりますので,就農(予定)地の市町村農業員会へ相談してみましょう。農業機械を取得したり施設を造成する資金として,各種の融資制度が活用できます。
新規就農
新規就農者同士の仲間とつくりましょう!

みやぎの農業・新規参入農業者事例集

 就農までの道のりは、一人一人様々です。
 目指す経営体像や就農の動機。就農地の決定、必要な研修や資金や農地の確保など、事例を通し、実現に向けての手段や方法のヒントを見つけてください。

 ① 独立自営就農(7事例)
 ② 研修受入農家(4事例)
 ③ 農業法人に就農(2事例) をご紹介します。 

 事例集はこちらからダウンロード可能です。
「みやぎの農業・新規参入者事例集2014」 PDFファイル

農村青少年クラブ(4Hクラブ)

各地域には農村青少年等で構成している「農村青少年クラブ(4Hクラブ)」がありますので積極的に加入しましょう

4Hクラブとは
農業青年が個々に持っている夢をともにかなえようとするために自主的に組織された集まりであり,農業技術や経営などの習得と個々が抱える課題解決に取組み,優れた技術,態度を身につけた有能な農業者,良き社会人になるための人間形成の場であるとともに,その活動を通じて仲間意識の高揚を図っています。

みやぎインファーマー連絡会

農外からの新規参入によりゼロからスタートした農業者で結成している「みやぎインファーマー連絡会」では,会員相互の交流,親睦を深めるとともに個々の経営において抱えている問題点の解決や農業経営の早期確立を図るための情報交換等を行っています。

 

お問い合わせ先

担い手育成・総務部 担い手育成班まで
TEL:022-275-9192